NLP心理学におけるラポール

NLP心理学では、ラポールとよばれる関係を重視します。

ラポールを築くには

ラポール

NLP心理学では、ラポールとよばれる関係を重視します。ラポールとは、相手と信頼関係ができており、スムーズなコミュニケーションが図れる状態のことです。

ラポールとは、フランス語で、橋をかけるという意味です。

NLP心理学では、ラポールを築くためのテクニックが体系化されています。

たとえば、ミラーリング、ペーシング、バックトラッキングなどがあります。

ラポールにより、相手と信頼感が築けることで、相手を導くステップであるリーディングができるようになります。

それはあたかもダンスのようです。ペースアンドリードという構造なのでうs。