NLP心理学とは

NLP心理学とは、脳の取扱説明書ともいわれるコミュニケーション心理学です。

NLP心理学とは

NLP心理学

NLP心理学は、脳の取扱説明書ともよばれ、自己成長、自己開発、コミュニケーションについて、卓越したモデルを提供するものです。

もとは、心理療法的なアプローチからスタートしましたが、現在は、より広範な分野で効果があげられるよう、多くのパターンがあります。

NLP心理学は、コンテンツ・フリー、つまり、内容は自由です。方法論を提示しているので、その応用範囲、適用範囲が広いのです。

NLPで得られること

NLP心理学の中核をなすものが、コミュニケーションです。

NLP心理学を学ぶことにより、コミュニケーション能力が向上します。

コミュニケーション能力としては、他人とのコミュニケーションだけでなく、自分とのコミュニケーションも含まれます。

人間の悩み、問題は、おおきく2つに大別されます。1つが人間関係、もう1つが自己開発です。

人間関係については、他人とのコミュニケーションにより、アプローチすることができます。

自己開発については、自分とのコミュニケーションにより、アプローチすることができます。

プラクティショナーコースで学ぶ

NLPを学ぶには、NLPなどが開催しているプラクティショナーコースが人気です。

さまざまなスキルが含まれているため、多くの学びがあるのが、プラクティショナーコースです。

プラクティショナーコースは、実践者という意味。机上の学習ではなく、実践的な学習をするためには、体験型のワークショップが最適です。